もしも埋没法で腫れてしまったらどうする?

入学式に間に合わないかも…

こちらのページでは、入学前にプチ整形を受けた新大学生の口コミをご紹介しています。

大学進学を機に埋没法を受けた方の口コミ体験談

今週、大学の入学式があります!
高校のときはプチ整形をやる勇気が出なったんですが、知らない人ばっかりが集まる大学だったら突然二重になっていてもいいかなって…。

でも、1週間と2日経っても全然ハレが引きません…(ノД`)

ダウンタイムは1週間だってきいて手術を受けたのに!

入学式まであと3日なのに…。

私は左右のバランスを整えるために片目だけ手術をしたので、片目だけハレハレで整形バレバレです。。。
最終手段は眼帯ですが、入学早々眼帯って…。
超憂鬱です!!!!

(あゆみん・18歳)

管理人のつぶやき

やり方によっては1ヶ月間ハレが引かない場合もざらにあります。

私も前やったプチ整形で、1週間ダウンタイムを設けていたのに、結局数日間会社を休む羽目になりましたから…。
口コミを見ても、長期間はれてしまう方も多いです。

入学式や会社の面接など、大切なイベントが控えている場合は、なるべく早めに予約をとるようにして、1ヶ月前に手術を済ませておくことがベストだと思います。
手術1ヶ月後が一番理想的なラインだといいますし。

ただ、その間も人前には出るわけですから、なるべくならはれない方法でプチ整形をしたいものですよね。
「腫れない」と口コミでも評判のクリニックベスト3をご紹介するので、同じように大切なイベント、行事を控えている方、是非参考にしてくださいね!

1位:アーティスクリニック「LS法」

アーティスクリニック 口コミでも話題のアーティスクリニックオリジナルの手術法です。1~3点を糸で強く縛る一般的な埋没法とは違い、LS法の場合はまぶたを持ち上げる筋肉に沿って糸を線状にかけていきます。ナチュラルな二重の構造に近いため、自然なラインが長持ちし、プチ整形はバレません。一般的なプチ整形の3分の1しか腫れないのが人気のポイント!

>>詳細・料金を公式サイトでチェック

2位:目白ポセンシアクリニック「ポセンシア式」

目白ポセンシアクリニック 埋没法、切開法、スーパークイック法などを扱っていますが、どの手術もはれないと好評です。秘密は、丁寧な手術とじっくりと時間をかけるアフターケアにあります。手術法自体に工夫があるわけではないのですが、実際に「腫れなかった」という口コミ多数。

>>詳細・料金を公式サイトでチェック

3位:共立美容外科「共立式P-PL法」

共立美容外科 共立美容外科では、通常行われている「瞼板法」ではなく高度な技術を必要とする「挙筋法」を実施しています。眼球に傷をつける恐れがないため、安全性も抜群!ハレも少なく、痛くないよう麻酔にも工夫が施されています。

>>詳細・料金を公式サイトでチェック

 
HOME » 埋没法のハレ具合~体験談 » 入学式に間に合わないかも…
二重埋没法の腫れを抑える方法Wiki