もしも埋没法で腫れてしまったらどうする?

冷やす?温める?どうすればいいの?

こちらのページでは、数日間のひどいハレから復帰した方の体験談をご紹介しています。

なんとか腫れが引いてきました。

先日、とあるクリニックで埋没法の再施術をうけてきました。
5年ほど前に、他のクリニックでやったものが取れてしまった為です。以前もかなり腫れがひどかったんですが、今回も案の定すごい腫れ
以前のクリニックでは、しっかり冷やすよう言われたんですが、今回の手術後には、「冷やすと腫れが引きにくくなる」といわれたので、なにもしませんでした。
腫れがひどくなって来てしまったので、あわててインターネットで調べたりしましたが、どうやら「冷やし続けてしまうのがいけない」らしいですね。
温めイメージ術後すぐはしっかり冷やして、落ち着いてきたらそっと温める、というのがいいらしいんです。
昨日はまるでガチャピンのような半目になるほど腫れましたが、アイスノンをタオルで巻いてしっかり冷やしました。だいぶ落ち着いてきたので、今度は少し温めるようにしました。いまは「ちょっと泣いた?」っていうくらいにまでおちついてきました
明後日から仕事がまた始まるので、このまま落ち着いてしまえ・・・と祈るばかりです。

(N・22歳)

管理人のつぶやき

腫れてしまう時はどうしても腫れてしまうようですね。麻酔や縫合の時に、体組織を針で破壊しているんですから。体はそれを治そうと血液を送りますので、腫れてしまうんですね。
起きている間は慎重にしていても、寝ている間についこすってしまったり、
夏場などつい傷口に汗が入ってしまったりと、どうしても注意するにも限りがありますね。

それに、初めての施術でガチャピンのようにハデに腫れてしまうと、不安と後悔で泣きたくなってしまうものですよね。本当に泣いてしまうと、さらに腫れる原因にもなりますので悪循環。

同じ手術を受けるのであれば、なるべく体へのダメージのない方法を選ぶ、というのがやはり大前提ではないでしょうか。

これから実施を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

>>おススメの「切らない二重術」を徹底リサーチ!

 
HOME » 埋没法のハレ具合~体験談 » 冷やす?温める?どうすればいいの?
二重埋没法の腫れを抑える方法Wiki