もしも埋没法で腫れてしまったらどうする?

どうにもならない場合は再手術!?

こちらでは、プチ整形の失敗と、再手術についてご紹介しています。

プチ整形の失敗

・瞼の整形失敗して人生変わっちゃった。今の自分の顔を受け入れきれない…
社交的だったのに鬱になって対人恐怖で引きこもり。恋愛も結婚も諦めざるおえず…
・目頭すすめられ、精神的にも心に大きな傷を負いました。
一人でいると一年たった今も鏡をみては欝になり、相談もできないし、胸がいたいです。近くにわかりあえる人がいたらなぁ…強くいきるしかないのでしょうね…
・抜糸した後も傷痕がまだ赤いしこりもあります。
もうこれは痕が残ったという意味でもう一生このままなのでしょうか。
普通に目を開けていたらそれは目立ちません。
薄めたり目を精一杯開けたらバレバレって感じです…
涙 ・私は埋没を3回して、これで最後にしようと思い再手術で切開しました。埋没のラインは気に入ってたのですが幅が狭くなって繰り返すのが嫌で欲出してしまって… 失敗でした
まぶたは閉じきれないし、切開線はバレバレ。
前の目に戻したくても切開&皮膚切除したら無理みたいで。
今まで可愛いって言ってくれてた人の態度も明らかに変わったのを感じます。

失敗したと思ったら

自分の顔ですから、失敗すると外にも出られない、取り返しのつかないことになりかねません。
特に切開をしてしまうと修正手術は大変困難ですので、ドクターに切開を勧められてもすぐにOKせずじっくりと考えてみましょう

もしも失敗してしまった場合は、泣き寝入りするのではなく、思い切って他のクリニックで再手術をお願いしましょう

手術を受けたクリニックだと、失敗を認めず「あと1ヶ月(落ち着くまで)待ってみましょう」と言われることが多いです。

しかし他院だとすぐに再手術をしてくれることがほとんどですので、他のクリニックで無料カウンセリングだけでも受けてみてもいいでしょう。
アーティスクリニックが、「修正技術も高い」と評判です。

また、最初から修正の利く手術法を選んでおくことも大切だと思います。

LS法埋没法などの切らない手術は修正も簡単ですので、まずはメスを使わないプチ整形から挑戦してみましょう。

しかし、埋没法では癒着をつくるため、抜糸をしてももとに戻らない場合もありますから、癒着をつくらないLS法から試してみるのがベストだと思います。

失敗しない埋没法を探す≫≫

 
HOME » お役立ちプチ整形の腫れ対策 » どうにもならない場合は再手術!?
二重埋没法の腫れを抑える方法Wiki