もしも埋没法で腫れてしまったらどうする?

お役立ちプチ整形の腫れ対策

こちらでは、二重整形のハレ対策についてご紹介しています。

はれた時は、どうすればいい?

以前埋没法を受けましたが、これがかなりはれました

ドクターにも自宅でのケアを説明してもらったのですが、それでもハレは収まらず、インターネットでいろいろと情報収集をしたものです。
 

まずは、埋没法でハレが続く期間を知っておきましょう。

クリニックでの説明では、「ダウンタイムは3日ほど」とありますが、実際は3日でハレが引く方が少ないのだとか!
ただし、個人差がありますので、1日で引いた人もいれば、1ヶ月間ダテメガネで生活した、という方もいらっしゃいます。
ハレが引くまでの期間、その実態をリサーチしてみました!!
 

>>「腫れがひくまでの期間」続きを見る

どうしてもハレが続いてしまう場合は、自宅でのケアが大切です。
自宅で対処をするとしないとでは、だいぶハレの引きも違います。
ドクターに説明してもらえなかった、自分でできる対処法などもありますので、皆さんもぜひ参考にしてみてください
 

>>「自分で出来る対処法」続きを見る

それでもハレが引かず、「もしかしたら失敗では…」と思い始める方もきっといらっしゃると思います。
術後あまりにもハレが続きすぎる、痛みを感じるなど、おかしいと思ったことがあれば手術をしたクリニックに問い合わせてみましょう。

また、希望のラインと違う場合は、術後すぐに失敗だとわかるかもしれません。
そんなときには再手術をお勧めしたいのですが、手術をしたドクターに相談すると、失敗を認めず「落ち着くまで待ってみましょう」となりかねません。

カウンセリングの風景しかし落ち着くまでも日常生活を送らなければならないわけで、患者側としてみたら一刻を争う事態なのです。

手術をしたクリニックで取り合ってもらえない場合は、まずは他院で無料カウンセリングを受けてみましょう。
客観的なアドバイスをしてくれるはずです。
 

>>「どうにもならない場合は再手術!?」続きを見る

コンテンツ一覧

腫れがひくまでの期間
各クリニックで提示されているハレの期間と、実際に体験者の方々が感じているハレの経過についてリサーチしてみました。
自分で出来る対処法
二重まぶたの手術後、ハレを防ぐために自分でできる対処法についてご紹介します。
 
どうにもならない場合は再手術!?
二重まぶたのプチ整形で、失敗してしまった方も少なくはないようです。再手術をする際の、注意点などをご紹介しています。
 
 
HOME » お役立ちプチ整形の腫れ対策
二重埋没法の腫れを抑える方法Wiki